道志川合唱祭

公式ホームページ

参加者のご紹介

大正6年東京生まれ。早稲田大学芸術学部を卒業後、軍隊生活を経てNHK東京放送合唱団員となりプロの道へ。早稲田大学グリークラブ選任指揮者に就任後、いそべとし男声合唱団を結成し、平成9年まで会長・指揮者等をつとめました。また、「びわ」など多くの童謡を創作し、日本童謡賞、サトウ・八チロー賞などを受賞しました。
平成10年、81歳で永眠されました。

早稲田大学グリークラブ出身の『早稲田の四人組』としてラジオ番組の青春ジャズ大学に出演した後、1958年のクリスマスイブに『ボニージャックス』として正式にプロデビュー。名付け親は「遥かな友に」の作詞作曲で有名な作曲家 磯部俶氏。その後NHKを中心にレギュラー番組が増え活動の幅を広げる。現在でもみんなのうたでは最多歌唱を誇る。NHK紅白歌合戦3回出演。第4回日本レコード大賞童謡賞受賞。レパートリーは世界各国の民謡・黒人霊歌・ジャズ・その時代のポピュラーナンバーと幅広く、その中でも童謡・唱歌・抒情・民謡ではとりわけ高い評価を受けている。『ボニージャックストーン』と称される明快なハーモニーが、聴き手の心にどこか懐しい風を運ぶ。2021年メンバーの西脇久夫氏逝去後、3人で活動。現在はNPO法人日本国際童謡館の所属コーラスグループとして全国でコンサート展開中。

2023年新曲「わたしのほしいもの」のCDを新生ボニージャックスで発表。
メンバー: テナー : 吉田秀行、バリトン : 鹿嶌武臣、バス : 玉田元康

磯部周平さんには、オープニングでの全員合唱『道志川合唱祭の歌』、エンディングでの全員合唱『道志川旅情』と『遙かな友に』の指揮・指導をしていただいています。
また、永井博子さんには全員合唱でのピアノ伴奏をお願いしています。